« ヘッドハントされる女性 10か条 | トップページ | 雪の日光 »

平和コミュニケーションの挑戦

48fc3daa2b42c5309f4a98564f9b80c6
ケンカの当事者が口論や殴り合いを始めてから第三者が
仲介して止めることは難しい。話し合いで解決しようと
促しても、なかなか手を引っ込めないものだ。

「戦争が始められてから当事者間でコミュニケーション
をとるのは難しい。だからこそ戦争が起こる前に予防す
ることが大切だ」

10月4日、東京外国語大学と早稲田大学主催のシン
ポジウム「Peace Ad - 平和コミュニケーションの挑戦」

に出かけた。(パネリスト:伊勢崎賢治(元アフガニスタ
ン武装解除日本政府特別代表、元国連シエラレオネ
派遣団DDR部長)、伊藤剛(ジェネレーションタイムズ)、
マエキタミヤコ(サステナ代表))

「もっと具体的に、もっと効率よく、戦争を防ぐコミュ
ニケーションは作れないのか」。そんな疑問から生まれ
たのが「ピースアド(Peace Ad)=平和広告」の取り組
みだ。シンポジウムに参加して、「『平和』って何だろ
う?」と改めて考える機会を持った。


「平和」って、日曜の夜になると父がきまってワイシャ
ツにアイロンをかけていた幼い頃の思い出。

「平和」って、子どもの頃、親戚が集まる夜はきまって
祖父が魚屋でマグロのブツ切りを嬉しそうに買ってきた
こと。

「平和」って、郵便配達のバイクが自分の家の前に止ま
り、郵便受けに投げ入れられる手紙が「コトッ」と音を
立てるのを聞くこと。

「平和」って、毎日仕事から帰って、寝る前に熱い湯を
なみなみとはって入浴剤を入れたお風呂に入るひととき。

「平和」って、目覚まし時計が鳴っているのにアラーム
を止めて二度寝する瞬間。

毎日歯を磨くように、同じことが繰り返され、当たり前
で平凡なことが、今日だけでなく明日も明後日も行われ
る。昨日が去り、今日がもうすぐ終わり、明日もまた東
から太陽が昇って西に沈む。

きっとそれが平和の形であり、幸せの形なんだと思う。
でも、「晴天の日に、青の価値を知ってもらうことは難
しい」。そして、「失いたくないものは繰り返される日
常の中にある。例えば、日々のたわいないやり取りとか
」。


今年のノーベル平和賞は、フィンランドのアハティサー
リ元大統領に贈られることになった。世界中の地域紛争
で和平の仲介や交渉に当たってきた。

アハティサーリ氏は当事者にどうやって「平和」の価値
を伝えたのか。長年の深い対立と憎悪が入り組む複雑な
状況を解決すべく、交渉では当事者の聞き役となり、妥
協案を提示する。その交渉の現場では、「言葉」がもっとも
大きく、かつ唯一の武器だったはずだ。

紛争の予防、そして紛争の調停―いずれも「コミュニケ
ーション」が鍵だ。


他参考リンク:
http://www.tufs.ac.jp/common/pg/pcs/gp/event/s3.html

|

« ヘッドハントされる女性 10か条 | トップページ | 雪の日光 »

平和構築・国際平和協力」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和コミュニケーションの挑戦:

« ヘッドハントされる女性 10か条 | トップページ | 雪の日光 »