« 脳の運動不足 | トップページ | 本能のおもむくままに »

インディな生きかた

Higannbana
広島で買ったもう一冊の本―。

『勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド

勝間さんが名づけた「インディ」な女性とは・・・

精神的にも、経済的にも周りに依存しない、自立した生
き方をする女性のこと。


条件その1 年収600万円以上を稼げる
条件その2 自慢できるパートナーがいること
条件その3 年をとるほど、すてきになっていくこと


うん。周りに依存しない、自立した生き方ってステキな
響きですね


無理なく自分の仕事と生活のバランスをとりながら、周
りの人に頼りすぎることなく、
自由に生きていくことができて、しかもきちんと生活費
を稼ぐことができる女性。

たぶん一昔前だと、「この女、こわい」と言われてしまい
そうな感じの女性でしょうか。


自分の幸せは、(もちろん一人では生きていけないし、い
ろんな方々の支えがあってからこそ成り立つものなのだ
けど)、基本的に自分がしっかりしていてこそ実現するも
のだと思う。

自分の生き方や考え、行動は、周りの状況や環境を見て、
自分で判断したいし、決めていきたい。

そう、主体的に生きるということ。

著書の中で勝間さんが提唱する「第三の道であるインデ
ィな女性」。
この第三というのは、これまで比較的メディアに登場し
てきた二種類の活躍する女性像とはまったく異なります。


これまでのカテゴリーは、
1 男勝り、バリキャリタイプ

→たぶん、肩パットを入れたかっちりスーツを着こなし、
男性を同じく女性もがんばらないと!とがんばってきた
世代。 
私の母親もこの世代なのかもしれないです。

2 女性であることをウリにしている女性

○○美人社長 とか 美人○○ とか

→これまで男性的なイメージのあったビジネスを女性が
やっているんだぞ、ということで、
女性であることをウリにして会社や個人の認知度をアッ
プさせる作戦か?!

この作戦は個人的にはあまり好きではありません・・・

そしてこれら二つのいずれでもないのが、
第三の道  インディな女性

→精神的にも、経済的にも周りに依存しない、自立した
生き方をする女性

インディという命名の響きはさておき、男性と同化する
わけでも女性であることをウリにするわけでもないとい
うなんだか自然体でいい感じ・・・・
そんな気がしませんか?!


そのインディになるには、
じょうぶな心とを作ること。つまり、

1 自分の想いで環境を作る

自分が思っていることが現実になる!


2 周りと調和する

笑顔を大切に!
アサーティブになろう!(攻撃的になるのとは別。自分
も相手も大切にするということ)


3 すべてをゼロイチで考えない

思わぬことを偶然に発見する力、幸せを招く力を大切に
しよう


4 がんばりすぎない

「最近がんばりすぎているかな~」と思ったら、がんば
らないとできない仕組みに疑問を持ってみよう。
その仕組みをより効率的なものに見直してみよう。


うん。なんとなくやればできそうな気がするかも。


そして究極的にはインディとは、

「いい男と恋をしながら自由に生きられる権利」のこと。

う~ん、これは一番難しいのでは?!

いったいいい男とどうやって付き合うのか?

勝間流にいえば
「答え― いい女になること」 (・∀・)イイ!


なんてシンプルな!
いい男と出会えないのは、自分がいい女じゃないからな
のね・・・(≧∇≦)


そして


インディの特徴は「自然体であること」


いい仕事と、いい男と、いい自分


なるほど! この三つがそろえば鬼に金棒。

自分なりのステキなインディを、一緒に目指してみまし
ょう 

|

« 脳の運動不足 | トップページ | 本能のおもむくままに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インディな生きかた:

« 脳の運動不足 | トップページ | 本能のおもむくままに »