« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

どら焼き

Dorayaki


ブログを読んでくださっている友人から、「食べ物ネタばかりだね・・・」と指摘されたものの
懲りずにまた「食」ネタです。

昨日、知人の送別もかねて食事会にいってきました。

北海道の旬の食材を使ったイタリア料理。
「RISTORANTE di HOKKAIDO Mia Angela」
@霞ダイニングにて。

http://www.midcity.jp/kasumi/shop/detail/ks301.html


値段は少しお高めですが、カウンターあり、グループごとにぴったりのテーブルあり、で飲み会や合コン、デートにに使いたい方、ぜひどうぞ。
料理も、北海道の旬の食材を使っているということで味もグー!

ちなみに写真は、皇室の菊のご紋の入ったどら焼き。
一緒に飲んだ知人がおすそ分けしてくれました。
どうやら市販はされていないとのことで、貴重なので記念に写真を一枚。
ミーハーですみません。。。。

もったいないので、週末、実家に帰るときに大正生まれの祖母にプレゼントしようと思ってます。


GWも始まり、今日は一日お休みですーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパールで選挙結果確定

0804110068
(写真は、カトマンズ郊外バクタプルの集計会場における開票・集計作業の様子)


ネパール制憲議会選挙の結果が確定したようです。


選管のウェブサイトを見ても相変わらず更新は遅いので、
報道機関のウェブサイトを参考に見てみると、

定数601のところ、選挙初参加の共産党毛沢東主義派(マオイスト)が220議席で第一党。
90年代から政権を担ってきたネパール・コングレス党と共産党UMLは、各110と103。

マオイストの他に今回躍進したのが南部の平野部に多いインド系住民らによるマデシ系の政党。
マデシ人権フォーラム(52議席)と、タライマデシ民主党(20議席)。

王制廃止と共和制の移行が今回の選挙の大きな争点でもあったわけですが、
国王派の国民民主党(8議席)と国民民主党ネパール(4議席)の票は伸びず、
これで完全に王制廃止が決まりました。


暫定憲法によると、選挙結果の正式発表から3週間以内に議会を召集するとあるので、
最初の会議は5月2~3週目に行われるのでしょうか。

十年にも及ぶ武装闘争を続けてきたマオイストが政権を担うことになりますが、
個人的にいくつか注目していきたいポイントがあります。

○プラチャンダ書記長によると、連立政権を目指すということですが、
どんな国家像を描いているのか? 

○各政党間の閣僚ポストの配分は?

○大統領と首相の権限の分担は?

○国王の立場はどうなるのか? 退位に応じるか?


過去240年続いてきた王制が選挙という民主的な方法で幕を閉じることになりました。
この新生ネパールの発展が、新しい指導者の下で平和裡に進んでほしいと願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月に向けて。

Image083

近所のお花屋さんでかわいいピンクの花束を買ってきました。
閉店間近の時間に飛び込んだことと、常連さんということで、お店のおじさんがサービスしてくれました♪

花束や緑の植物が増えてきた狭い我が部屋を見ると、
いつのまにか自分も母親に似てきたな、、、と思うことがあります。


実家に帰ると、庭だけでなく、家の中のいたるところに緑や花がいっぱい。
一時期、あまりにもお風呂場がジャングルのようになりすぎて、
このまま放置しておくと、きっとなめくじが発生しそうーーということで、
母親に大抗議をしたことがありました。


そんな母親と、植木育てが好きだった祖父に似たのか、最近自分も植物が大好きになってきました。
必ず週に一度は花束を買って、部屋を飾ります。


他にも、ベランダにはプランターが二つ。
部屋の中には、緑いっぱいの花瓶が5つ。
毎朝、花瓶の水を取り替えることから一日が始まります。


最近は、野菜を使った料理にこっているということもあり、
次は、ベランダでミニトマト栽培でも始めようかなと模索中。


もうすぐ5月――。
誕生月ということもあり、一年の中でも一番大好きな季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表参道と神楽坂のおすすめお店

またまたステキなお店紹介コーナーです。

今日は二軒ーーー。

まずは、表参道にある「ニド・カフェ」

Nid Cafe
http://www.interq.or.jp/happy/kiyoto/Tokyo@Cafe/Nid%20CAFE.htm

先日同僚3名と行ってきました。
ライトアップされた東京タワーを眺めながら、のんびりと食事とお酒を楽しめます。

表参道のかわいい花屋さん横を入った雑居ビルにある少し狭めのお店ですが、
中古家具と観葉植物、ワインやリキュールの空ボトルが棚に無造作に並び、
シンプルなソファやイスとうまくマッチしています。
女性同士やカップルとまったりしながら会話を楽しむにはぴったり。

お酒や食べ物も種類がいっぱいあっておいしいです♪

それから、この前、幼馴染と一緒に食べにいったのが
神楽坂にある「京都祇園 和Raku」
http://www.gion-oishinbo.jp/shop/?id=4

飯田橋駅から10分程度歩きますが、静かな住宅街の中にある隠れ家。
これぞ神楽坂ーーともいうべき、路地裏の狭い道を奥まで入ると、京都風の門構えとコンパクトな
日本庭園がお出迎え。

一見さんでもいいのかな、、と不安に思いながらお店に入ると、
板前さんが気持ちよく「いらっしゃい」と笑顔で迎えてくれました。


料理は京風の創作料理といった感じで、豆腐や湯葉、旬の魚を使った刺身やお肉料理も。
部屋からは日本庭園を見ることができ、都会の喧騒を離れて静かに上品な食事をしたいという方に
おすすめです。

個室もあるそうで、ビジネスの接待やお見合い、家族のお祝い会合とかにもぴったりです。
ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパールで選挙実施。

0804120151_2
ネパールから帰国しました!
個人的には初ネパール滞在でしたが、文化も食事もとても豊かで人々も親切だし、
とても好きになりました。次はぜひ旅行で行ってみたいです。

日本人旅行客も多く、空港でも街中でもたくさん見かけました。
特に多いのが、おそらく団塊の世代頃かなと思われる年代層の方々。
リュックサックを背負い、トレッキングシューズをはいて、夫婦そろってトレッキングツアーに
参加していると見受けられる方々にたくさんお会いしました。

監視活動途中に出会うと、「おつかれさま。がんばってねーー」と応援の言葉もいただきました。
ありがとうございます。

、、、というわけで、4月10日に行われた制憲議会選挙も、
選挙結果がかなりの割合で判明し、
共産党毛沢東主義(マオイスト)が第一党の座を確実にしました。

今回の選挙ですが、ネパールで過去10年も続いた内戦を終結させた、
当時の主要7政党とマオイストによる包括和平協定に基づくものです。
去年実施される予定でしたが、二度延期され、今回も直前まで実施が危ぶまれていましたが、
10日に予定通り行われました。

議会は、選挙結果の正式発表を経て招集され、
約2年をかけて新しい憲法の制定に取り組む予定です。

選挙は小選挙区制と比例代表制とで行われました。
開票状況は、ネパール選挙管理委員会によると、
20日正午(日本時間)現在で、以下のとおりです。


○小選挙区(240議席)
マオイスト        118
ネパール・コングレス  36
共産党UML       32
マデシ人権フォーラム  28 

全体           234

○比例区(335議席)
マオイスト        約30%
ネパール・コングレス 約21%
共産党UML      約20%


----------------------------------

因みに写真は、投票日の翌々日に撮影。
マオイスト優勢がメディア等で報道されはじめ、
カトマンズ市内の集計会場付近でパレードに向かうマオイストの若者たちの様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はガンダム

(今日はいつもと少し違ってアニメ話題です、、、。
いつもブログを読んでくださっている方、イメージ違ってしまったらすみません!)


この数日間の目玉読書本はこれ!

『永遠のガンダム語録』(PHP文庫)
Isbn9784569667607


これが懐かしくてけっこうはまる! 

先日、本屋に立ち読みに行きました。

女性誌からビジネス誌、小説、語学書、スポーツ、料理本、美容本、啓発本など諸々と物色した後に帰ろうと思ったところ、ふと見つけてしまったのがこのガンダム本!

テレビで放映されたのは小学生になるかならないかの時分。身近に同じ年のいとこ(男の子)がいたことから、物心つくころには、女の子向けのテレビよりも男の子向けのテレビや漫画を読み、プラモデル(いわゆるガンプラ?)にもはまっていました。

コロコロコミックや少年マガジンを読みながら、いとこと彼の友達に混じり、ガンダムのジオラマ作りをしたのが小学低学年時の思い出です。

(あ、因みにわが家にはりかちゃん人形もあったし、「りぼん」や「なかよし」も読んでました、、念のためフォロー。)


優柔不断でちょっと頼りないアムロが戦闘を重ねるたびに少しずつ成長していく様がいい。
聡明で美人なお姉さまキャラのセイラも素敵。
アムロの幼馴染のフラウもしっかり者で、これだからアムロがアムロでいられるんですね、きっと・・。
あと、やっぱりクールでかっこいいのは赤い彗星、シャア。
でも、個人的に応援していたのはカイ。
どこか斜に構えている一匹狼的な性格に惹かれますーー。


『永遠のガンダム語録』では、番組での名セリフの数々を一冊にまとめて、
それぞれに解説をつけてます。

個人的に気に入ってる一つを取り上げると、

○「やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ!」(アムロ・レイ、第2話より)

→(解説の要約)
人生で物事を達成するために大切なことはたった一つ。それは自ら動いた者だけがゴールに到達できるということ。これが「やるしかない」という言葉の本質。

夢だけ見て自分からは動かない人は、ようするに本気ではない。
その点アムロは偉い。わずかな実戦経験だけを頼りに「やること」を選んだから。


番組を見た当時、このセリフを幼心にいったいどんなふうに聞いていたのでしょう。
いずれにせよ30を過ぎた今になっても決して色あせない言葉だし、むしろ今の方がグッと来ます。


最近の日本の漫画文化の世界進出には目覚しいものがありますね。

ネパールでは忍者ハットリくんが放映されてました。
日本語以外の言語で話すハットリくんの姿は異様でしたが、これまた日本のソフト外交の賜物です。

因みに10年ほど前、オーストラリアに留学していた頃は、エヴァンゲリオンが放映されてました。
(もちろん英語で。)
「残酷な天使のように~」で始まる主題歌が好きで(歌は日本語のまま)、現地では歌の部分だけ見てました。


明日はDVDレンタル店に行って、『機動戦士ガンダム』テレビ放映集を借りてこようと思ってます。 
その次は、「ドラゴンボール」ネタで。

(こんなこと書くより、今後のためのことをやらねば・・・と自己嫌悪の夜でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパールから帰国しました。

今日ネパールから帰国しました。
長いような短いようなあっという間の約3週間。

どうやら現地に持っていったパソコンがウィルスに感染してしまったようで、
パソコンに保存しておいた写真他が開けないので、写真アップはまた後ほど。


・・というわけで10日にネパール制憲議会選挙の投票日を終えて、
開票・集計作業をしばらく監視した後、無事帰国しました。


最新の報道によると、小選挙区で第一党の勢いだった毛沢東主義派(マオイスト)が、
比例区でも首位の座を確実にしたとのこと。


ネパールにおいても歴史的な転換点に立ち会わせていただき、
とても貴重な機会となりました。


○選挙の模様は、以下の主なテレビニュース画像をご覧ください。

★NHK
○4月10日
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013466251000.html#

★TBS
○4月10日
http://news.tbs.co.jp/20080410/newseye/tbs_newseye3825107.html
○4月11日
http://news.tbs.co.jp/20080411/newseye/tbs_newseye3825708.html


★Nepal News(地元国営テレビニュース)での日本選挙監視団関連
○4月13日
http://nnv.nepalnews.com.np/videoplay1.php?id=460
○4月11日
http://nnv.nepalnews.com.np/videoplay1.php?id=446
○4月9日
http://nnv.nepalnews.com.np/videoplay1.php?id=436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »